力をもって腰に帯し、その腕を強くする。-箴言31章17節(口語訳)
クリスチャンとして、私たちの身体は聖霊の宮です。神様があなたを通して好きなように働くことができるように、自分の身体をいつも良い状態にしておく必要があります。とても疲れている状態は私たちの人生に悪い影響を与える可能性があります。普段思う「祈りたい」という思う気持ちも元気も無くなります。周りの人に対しても良い印象を与えることが難しくなります。不機嫌になる方が全然簡単なので、いつも疲れを感じてしまっていたら、私たちは聖霊の実を持って歩むことは不可能なのです。生活の中に、運動する時間の余裕を作るよう、あなたを励ましたいです。私は私自身の人生において、まだまだではありますが、うまくやってきています。「何もしない」のではなく、自分にできることをすると、私はついに決断したのです。運動になるもので、あなたが楽しめるものを見つけてください。歩いてみたり、スポーツをしてみたり。他の誰かと運動すると良いかもしれません。定期的に運動している人は、より自信を持っている傾向があります。その一つの理由としては、より良い気分になっていて、よりエネルギーがあるので、もっと多くのことを達成して、自分のしていることを楽しんでいるのです。そういう人は大抵、見た目も良くなってくるので、自信が増すのです。また、運動は緊張やストレスを軽減してくれ、それも自信を持つことを助けてくれます。もう運動することを考えないでください。ただ始めてください!神様、私の身体があなたの宮であることを理解するわ。私の身体が正しくあなたを示すことができるようにしたいわ。自分を律して、必要な運動をすることができるように助けて。アーメン