寛大になって、楽しく過ごす

“ただし、いくらささげたらよいかは、各自が決めるべきです。自分はこれだけささげようと思っている人に、もっとたくさんささげるように強制してはいけません。神様にとっては、喜んで与えるかどうかが大事なのです。”  – 2コリント9:7 JCB

クリスチャンとして、私たちは人々に対して寛大になり、与えられるものは何でも与えられようになるべきです。それはお金だけでなく、何かを手伝うこと、励ましや時間、自分の才能を使って与えることや相手を赦すことも私たちにはできます。

つまり「自己中心にならない」ということです。多くの人はケチになってしまい、自分の持ち物を手放すことができず、ずっと握り締めたままでいます。または、ケチな行動はとっていなくても、心の中でケチな人がいます。そのような人は「与えなくてはいけない」という義務感から持ち物を与えますが、心から「与えたい」という思いでは与えていないのです。

 

それは神様が望むような与え方ではありません。2コリント9:7にあるように、神様は喜んで与える人が大好きです。心から与えたいと思っている人のことを神様は喜びとし、その人を何よりも称賛し、見捨てることが決してないとあります。

考えてみてください。私たちが人生を神様に捧げた時から、私たちの持ち物はすべて神様のものです。どんな持ち物も、私たちのものではありません。私たちは神様が望んでいる方法で自分の持ち物を与える人になっていくべきです。

今日、喜んで与えていきましょう。それは神様に喜ばれることであり、喜んで与える人のことも幸せにし、満たします。

祈り

神様、私は「喜んで与える者になる」と、今心を決めます。今日、あなたと私の周りにいる人々に、私がどのように与えていくことができるかを教えてください。

Facebook icon Twitter icon Instagram icon Pinterest icon Google+ icon YouTube icon LinkedIn icon Contact icon