心配してしまう時に、祈りの態度を築き上げる

心配してしまう時に、祈りの態度を築き上げる

“何事も心配しないで、どんな時でも神に祈りなさい。そして、祈り (願い) に答えてくださる神に感謝しましょう。” – ピリピ4:6 JCBに一部強調

あなたがプレッシャーの中にいる時、あなたができるベストなことは、それについて話すことではなく、それについて祈ることです。祈りは、成功の人生のための図面のデザインの役割があります。イエスが地上にいた時も、イエスは祈りました。イエスは祈りを通して、自分の評判も人生も全て神様に任せていました。私たちにも同じことができます。私たちは問題の全てを神様に説明する必要はなく、ただ神様が全てを対処してくれることを祈り求めることができます。

祈りを複雑にしないように気を付けてください。人々は「いつでも神様に祈れる」ことに気付いておらず、多くの場合、神様との個人的な時間ができるまで待ったり、教会に行ってから、心から祈るようにしています。シンプルで、信仰に溢れた祈りに自信を持ってください。そして、ピリピ4:6に書かれたパウロの教えを心に留めましょう。困難な状況に陥った時には、心配するのではなく、シンプルに神様の助けを祈り求めてください。

聖書にあるように、神様は忠実です。それは神様の性質の一つです。神様に助けを祈り求める時、神様は私たちを必ず助けてくれます。ですから私たちは、神様を完全に信頼するべきです。そうする時に、私たちはどんなことにも立ち向かえるように整えられるのです。

祈り

神様、私は心配ばかりの人生を生きたくありません。今日、私はいつでもあなたに祈る習慣を持つことを決断します。

Facebook icon Twitter icon Instagram icon Pinterest icon Google+ icon YouTube icon LinkedIn icon Contact icon