必要不可欠なもの

必要不可欠なもの

“私が神にお願いすることは、ただ一つです。私の求めてやまないものとは、主の宮で黙想にふけり、いのちある限り主の前〔主の存在の中〕で暮らすこと、比べようもない、主の麗しさ〔夢中になるほどの魅力と素晴らしさ〕と完全と栄光とを喜ぶ特権です。” – 詩篇27:4 JCBに一部強調

もし神様の声を聞きたいと願うのなら、私たちは人生で「神様の存在を求めること」を優先する必要があります。私たちの人生に要不可欠なものについて、ダビデは今日の聖書箇所でまとめています。その必要不可欠なものとは、「神様の存在」です。

ダビデは、成功を成し遂げ、自信を培う機会に多く恵まれました。神様の存在に力付けられて、ダビデは5つの小さな石と石投げだけを使って、目の前に立ちはだかる巨人を倒しました。一般家庭の末っ子でしかない、この素朴な羊飼いの少年を、神様はイスラエルの王に選びました。最終的にダビデが手に入れた富と名声は、誰が見ても満足をもたらすようなものでした。

様々な形で神様の存在を体験したのにもかかわらず、神様の存在をさらに求めたダビデの姿は、私たちがどれだけ多くの勝利を経験しても、引き続き神様の存在を求め続ける必要があることを教えてくれます。ダビデですら、神様を「さらにより親密」に知る必要があったのです。

多くの人が神様の導きを望んでいますが、神様の声を聞くために他のことを脇に置くことは望みません。しかしダビデは、望みを一つに絞りました。それは、毎日の生活における「神様の存在」でした。本当の意味で私たちを満足させてくれる唯一のものは、「昨日よりも、神様をより親密に知ること」だと、私は信じています。

今日の神様のことば:今日、そして毎日、神様の存在を ”もっと” 求めよう。

Facebook icon Twitter icon Instagram icon Pinterest icon Google+ icon YouTube icon LinkedIn icon Contact icon