神様のことばを受け取り、伝える

“愛する皆さん。このことを、わきまえていてほしいのです。ここで私の身に起こったことはすべて、キリストについての福音を広めるのに、たいへん役立っているという事実をです。また私を見て、ここにいる多くのクリスチャンは、投獄など恐れなくなりました。彼らは耐え忍んでいる私の姿に勇気づけられ、ますます大胆に、キリストのことを人々に語るようになったのです。”  – ピリピ1:12, 14 JCB

時には神様のことばを知っているというだけで攻撃されることがあります。マルコ4:17には、ある人たちが神様のことばを聞くと、しばらくは上手くいくものの、迫害が始まるとたちまち揺らいでしまう (イライラしたり、相手に怒りを覚えたり、恨み始めてしまう) という例え話が書かれています。

悪魔は「神様のことばが私たちを力付ける」ということを知っています。そのため、私たちが神様のことばを広める前に、悪魔は私たちを止めようとするのです。ですから、心にある神様のことばを守り、神様のことばを奪い去ろうとしてくる悪魔を拒むことがとても重要です。そうする時、悪魔がもたらす攻撃は、私たちが良い知らせを広めるために役立つのです。

使徒パウロはこう言いました。「ここで私の身に起こったことはすべて、キリストについての福音を広めるのに、たいへん役立っている。」それは、人々が耐え忍んでいるパウロの姿に勇気付けられ、ますます大胆に、キリストのことを周りに語るようになったからです。たとえ牢獄の中にいても、神様に使ってもらうための能力と安定さがパウロにあったことは明らかでした。

もし私たちが良い知らせを広めたいのであれば、困難な状況に直面することもあります。しかし私たちが信仰に立ち、神様に自信を持ち続けていれば、神様は必ず私たちに勝利をもたらし、困難を乗り越えさせてくれます。そして困難を通っている時にも、私たちは自分の姿を通して他の人を励ますことができるのです。

祈り

神様、私は毎日あなたの内に留まり、あなたのことばを心に留めたいです。困難が来る時、私を強めてください。そしてあなたの良い知らせを周りに広めることができるように、その困難を使ってください。

Facebook icon Twitter icon Instagram icon Pinterest icon Google+ icon YouTube icon LinkedIn icon Contact icon