聖霊の力を借りて、「ただ行動する」のではなく「そのもの」になる

“しかし、聖霊があなたがたに下る時、あなたがたは大きな力 (能力、効率性、実力)を受け、エルサレムからユダヤ全土、そしてサマリヤから地の果て (の果て) まで、わたしの死と復活を伝える証人となります。”  – 使徒1:8 JCBに一部強調

私は昔、新しく生まれ変わったクリスチャンとして活発的に教会活動に関わりながらも、個人的な問題における勝利を手に入れられずにいた時期がありました。そんな私は「クリスチャンのように”行動”すればいいんだ」と思っていました。しかし、正しいことをただ行動に移すだけでは足りませんでした。私は「内側から変わる」必要があったのです。

使徒1:8には「神様の力を受け取って、イエスの証人になる」とあります。私たちは「証人のように ”行動する” 」のではなく「イエスの証人に ”なる” 」のです。「行動すること」と「そのものになること」に違いがあることを知ってください。当時の私は外側を磨き上げていましたが、内側はボロボロでした。そのため、内側にあった混乱がよく爆発することがあり、周りの人たちは見かけと違う私の姿を見ることがありました。

ありがたいことに、私は神様の働きを心から求めたことで、「これまでの神様との関係で経験した以上のことが絶対にあるはずだ」と思えるようになりました。そして神様に祈り、助けを叫び求めた時に、神様は力強く私の人生に触れてくれました。聖霊の油注ぎによって、私は今までなかった以上に、心から神様と神様のことばを愛することができるようになったのです。もうこれ以上、「何かのフリをする」ことがなくなったのです。

同じ聖霊の力を、あなたにも受け取って欲しいです。聖霊の力を借りて、ただ「行動する」のではなく「そのものになって」いきましょう。

祈り

聖霊、「ただ行動する」のではなく「そのものになる」ことができるように、私に力を与えてください。私は心の底からあなたを愛し、あなたについて行くことができるようになりたいです。

Facebook icon Twitter icon Instagram icon Pinterest icon Google+ icon YouTube icon LinkedIn icon Contact icon