人々に「ものすごく大きな価値」があることを伝える

“たとえ、父や母が私を勘当しても、主は〔ご自分の子どもとして〕迎え入れて、慰めてくださるはずです。”  – 詩篇27:10 JCBに一部強調

私はあることに気付きました。神様の子どもとして「ものすごく大きな価値」があることを知らずにいる人たちと、私たちは日々関わっています。悪魔は人々に「自分には価値がない」と思い込ませるために、相当努力をしているのだと思います。しかし、私たちはそんな人々を立ち上げ、励まし、教えることで、彼らに吹き込まれた悪魔の嘘を無効にすることができます。

その方法の一つとして、私たちは正直な気持ちで「相手を褒める」ことができます。相手を褒めることは、世の中において最も価値のあることの一つでもあります。相手を褒めることは一見小さく見えますが、自信の無い人や「誰も自分を気にかけてくれない」と思う人には、とてつもなく大きな力を与えることができるのです。

私は何事も「目標を持つべき」だと信じています。ある時、私は「神様の助けを得て、他の人を励ます」という良い習慣を築いていました。そんな私は毎日、「一日最低3人を励ますこと」に挑戦していました。率先して誰かを励ますことができるように、あなたもこのようなチャレンジに挑戦してみることをお勧めします。

聖書にあるように、神様は見捨てられたと感じる人たちを、ご自分の子どもとして迎え入れてくれます。このような人たちを、あなたの周りで見つけてみてください。そして彼らを励まし、彼らに価値があることをわかってもらうために力を注ぎましょう。神様に愛されていることを教えてあげるのです。

祈り

聖霊、神様に愛されていて、神様の子どもとして迎え入れられていることをまだ知らない人がいます。その人が誰なのか、私に示してください。その人を励まして、その人の価値を教えてあげたいです。その人の目の前に、私を置いてください。

Facebook icon Twitter icon Instagram icon Pinterest icon Google+ icon YouTube icon LinkedIn icon Contact icon