進歩が遅い時

“ですから私たちは、さまざまの苦しみや困難に直面した時も喜ぶこと〔また喜びに溢れること〕ができます。それによって忍耐を学ぶからです。”   – ローマ5:3 JCBに一部強調

考え方を新しく変え続けることは大切なことです。しかし、私たちの考え方が新しく変えられていくプロセスが少しずつ進むことも理解しておくことが大切です。たとえ進歩が遅く感じたり、挫折するようなことがあったり、悪い日があっても失望しないでください。また前を向いて、新しいスタートを切れば大丈夫です。

赤ちゃんが歩くことを学ぶ時、赤ちゃんは転ばずに歩けるようになるまで、何度も何度も転びます。しかし、赤ちゃんは粘り強いです。何度も転び、何度も泣くのに、必ず立ち上がって、また歩こうとするのです。

私たちが考え方を変えることも同じプロセスです。私たちは葛藤し、何度も転びます。しかし、神様がいつもそばにいて、私たちを立ち上がらせてくれます。ぜひ覚えておいて欲しいのは、そこで葛藤してイライラするよりも、聖書のことばを実行し、困難の中でも「勝利すること」です。なぜなら、あなたが葛藤しているということは、あなたが良い信仰の戦いを戦っているということだからです。

ネガティブに考えてしまうなど、全てを完璧にこなせない日も必ずあります。しかし、決して諦めないでください。諦めずに挑戦し続ければ、最終的には神様の考え方を持つことができるように、神様はあなたを導いてくれます!

祈り

神様、私が転んだ時には、私の手を取って立ち上がらせてくれてありがとう。私が葛藤する時、ネガティブな考えを乗り越えてあなたの考え方を持つことができるように、あなたが私の内側で働いてくれることを知っています。

Facebook icon Twitter icon Instagram icon Pinterest icon Google+ icon YouTube icon LinkedIn icon Contact icon