イエスの苦しみを分かち合う

“けれども、私たちがいま (の人生で) 味わっている苦しみは、後に私たちが受ける栄光に比べたら、取るに足りないものです。”   – ローマ8:18 JCBに一部強調

クリスチャンとして、私たちはイエスの栄光を分かち合うことを好みます。しかし「イエスの苦しみを分かち合うこと」はどうでしょうか?イエスは私たちの身代わりになることで「永遠のいのち」を与え、また地上での人生のために「豊かな人生」という贈り物を私たちに与えてくれました。しかし、聖書は「神様の栄光を分かち合うためには、試練を通らなければならない」と私たちに教えています。それだけの価値があるのでしょうか?ローマ8:18によれば、それは確実に「価値のあること」です!

私たちはこのように思いがちです。「自分が苦しむのは周りの状況のせいであって、状況が変われば正しい態度を持つことができる。」しかし神様は、私たちが良い状況の中にいなくても、正しい態度を持てるほど成熟して、安定することを望んでいます。

信仰のレベルは人それぞれですが、私たちは多くの時において、信仰を「苦しみを取り除くため」に使いたいと思います。しかし時に、神様の計画は、人生の試練を乗り越えさせる「より高いレベルの信仰」を働かせることなのです。

あまりにも多くの時に、私たちは神様の救う力に目を奪われてばかりで、神様の守り、力づけ、可能にさせてくれる力を見落としがちです。

ヨハネ16:33で、私たちが人生の困難にあっても、私たちに平安を与え、それを乗り越える力を与えることをイエスは約束してくれました。ですから、もしあなたが今日、苦しみを通っているのなら、元気を出してください。なぜなら、あなたはイエスにあって乗り越えることができ、後に神様の栄光を分かち合うことができるようになるからです!

祈り

ローマ8:18にあるように、後にあなたと歩むことのできる栄光と比べたら、今の苦しみは取るに足りません。私はこの聖書箇所と同じ態度を持ちたいです。どんな苦しみの中にあっても、それを乗り越えることのできる平安と力を与えてくれてありがとう。

Facebook icon Twitter icon Instagram icon Pinterest icon Google+ icon YouTube icon LinkedIn icon Contact icon