悪魔を拒み、神様の中で喜ぶ

“いつも主にあって喜びなさい。もう一度言います。喜びなさい。”   – ピリピ4:4 JCB

「鬱」の定義に、このような定義があります。「心に穴が開いた状態・気持ちが沈んだ状態・ 悲しみの状態・意気消沈しているさま。」鬱の主な原因の一つは、周りの状況や環境にあるのではなく、私たちの「自分自身に対する見方」にあります。だからこそ悪魔は、私たちが「価値のない存在」で「受け入れられていない」と感じさせようとしてきます。

しかし、悪魔がしてくることにあなたが影響されなければ、悪魔はあなたを落ち込ませることはできません。そうなれば、あなたを鬱にさせることもできません。

悪魔に対抗することができ、また鬱を乗り越えることのできる最善の方法の一つは、「喜び」へと聖霊に導いてもらうことだと思います。悪魔の望みは、あなたがネガティブなものに目を向けて、惨めさに浸ることです。しかし、聖霊の望みはあなたがポジティブなものに目を向けて、喜びに浸ることです!

ピリピ4:4には「いつも主にあって喜びなさい」とあります。私たちが神様に目を向け、神様にあって喜ぶ時に、鬱は消え去ります。ですから、悪魔があなたを落ち込ませたり悲しませたりしようとしてきたら、「神様にあって喜ぶこと」をぜひ選んでください!

祈り 

神様、あなたは素晴らしくて、最高な神様です。だからこそ、私はいつもあなたにあって喜ぶことができます。私はあなたによって満たされているから、私の中に鬱が存在できる場所はありません!

Facebook icon Twitter icon Instagram icon Pinterest icon Google+ icon YouTube icon LinkedIn icon Contact icon